荷物は荷物により配送の種類を使い分けています

配送は陸路、航空輸送及び海上輸送ありますが荷物の配送人や受取人により配送の設定方法が異なります。
私たちが良くしているのはトラックの配送がありますがトラックに適した荷物であるという事です。

1人で運べる大きさと重量という事で日常の生活に用いる荷物が適していることになります。
荷物ですので万が一の時は運送会社が責任を取らなければなりませんが客先に問題なく届ければ弁償は免れますが荷物の内容が変形するなどの場合は運送会社の責任になります。
完全な荷物を届けての客の取り扱いによる事故は客の責任になりますので客は新たに商品を購入しなければなりません。このようにして荷物の事故に対しては、どちらに責任がある、あるいは無を明解にしている事です。

この事は配送全体の荷物に言える事です。

しかし荷物に事故がありますと時間的のロスがありますので送り主は確実な方法ということになりと料金が高くなります。

航空便は海外で利用する配送方法ですが荷物が高価な物がありますので取り扱いは丁寧な事は言うまでもありません。また時間短縮できる荷物には有効な方法ですので動物や高額な海鮮物では航空便を利用しています。
海上輸送は主に貿易で利用していますがコンテナーという国際規格品による荷物を運んでいます。
国際規格品ですので海外で設備を整えば荷卸しなどが短時間に行え、取扱いコンテナー数が多くできる事です。

このようにして荷物により悲壮方法が異なり利用も異なっている事です。

Copyright (C)2017お疲れ様!通販生活に欠かせない宅配業者.All rights reserved.