少量の荷物をトラック配送しています

私は小さな会社で配送業務をしています。
朝6時の出勤で2トントラックにスーパー10件分の荷物を積み込み配達に向かいます。
基本的に冷蔵商品がほとんどで、1件につき10ケースほどの荷物を運びます。
一軒目は会社から15分ほどの場所にあるスーパーです。

まだ始まっていないスーパーに鍵を使い無人のところに荷物を置いて帰ります。
二件目はそこから40分ほどの場所にあるスーパーです。

今度は開店準備をしているところに納品します。
慣れ浸しんだ店長と少しおしゃべりをし納品していきます。
三件目はそこから10分程の場所にあるスーパーで、同じような感じで納品します。

二時間ほど時間が空くので、そこからは休憩に入ります。
私の自由の時間で、いつも行きつけの喫茶店に入り、朝ごはんを食べるのです。

ここでもほぼ休み以外は毎日通っているのでマスターとも顔なじみで楽しい一日の一つです。

そして4件目のスーパーに向かうのです。

この時間は開店しているスーパーへいくので少しお客様なども来店しており緊張します。
ここまでの配送を終わればあとは、倉庫回りなので気が楽な物です。

そして夕方に帰社します。

こんな一日を平凡に過ごしています。
ですが私は家族もいるので年をとってもこの仕事ができるかどうか心配です。

退職金も無く、無事定年を迎えたとしてもその先の生活に不安を感じます。
できればいい仕事があればこの配送業界から抜け出したい物ですが、このご時世良い仕事が中々ないのが現状です。

Copyright (C)2017お疲れ様!通販生活に欠かせない宅配業者.All rights reserved.