配送した荷物を届ける仕事に求められること

配送した荷物を日本全国、時には世界中まで届けてくれる宅配サービスはとても便利なものです。

もしこのサービスが無かったら、配送したい荷物を背負って自分で相手に受け渡しに行くしかありません。そういう世の中だったらとんでもなく不便ですね。東日本大震災直後には、被災地では宅配サービスが暫く麻痺していました。
ガソリンも足りない時期が続き、配送トラックも自由に行き来できる状態でもなかったようです。

実際に宅配サービスがない世界を体験すると、その不便さに驚かされました。

近年の顧客のニーズに応えたのか、荷物の追跡調査が出来るサービスも付与されてきました。
このシステムのおかげで、今自分が送った荷物は何処にあるのか、ちゃんと相手の手元に届いたのかを確認することが出来ます。
また通信販売などのインターネット上で欲しいものを注文する場合にも、今自分が頼んだ品物は何処まで来ているのか、あとどれ位で手元に届くのか、という知りたい情報を確認することが出来ます。
実際に私も通信販売を頼んだ時にこのシステムを使ったことがありますが、出荷された日時、通過した地点、あとどれ位で手元に届くかが一目で分かり、便利だなと感じました。
宅配業者によっては通過地点の情報が曖昧なところもあるようですが、私が利用したところはちゃんと機能を果たしていました。

宅配業者に求められる機能とは、丁寧さ・正確さ・迅速さ、だと思います。
この中のどれか一つでも欠けていると、それはあまり良いサービスをしているとは言えません。

Copyright (C)2017お疲れ様!通販生活に欠かせない宅配業者.All rights reserved.